1. ホーム
  2. キッチン、日用品、文具
  3. 文具、ステーショナリー
  4. 筆記用具
  5. シャープペンシル デルガード タイプLx 0.5mm 限定色 ダークグリーン A-MA86-Z-DG ゼブラ 3本
新品即決 12月スーパーSALE シャープペンシル デルガード タイプLx 0.5mm 限定色 ダークグリーン A-MA86-Z-DG ゼブラ 3本 nirraky.com nirraky.com

シャープペンシル デルガード タイプLx 0.5mm 限定色 ダークグリーン A-MA86-Z-DG ゼブラ 3本

990円

シャープペンシル デルガード タイプLx 0.5mm 限定色 ダークグリーン A-MA86-Z-DG ゼブラ 3本

※ご注文の確定タイミングにより、在庫が確保できない場合がございます。
「ご注文を確定」する際に再度ご確認ください。
芯が折れにくいシャープペン・デルガード!機能・デザイン性がアップしたタイプLxの数量限定カラーが登場!高級感のある金属ボディで、より安定した書き心地が味わえます。
芯が折れない金属軸シャープペンのデルガードLxシリーズから数量限定カラーが登場!人とかぶらない、こだわり派におすすめです。軸はスリムでメタリックな質感、製図用のようなプロ仕様を意識したこだわりのデザインです。あらゆる角度からの筆圧を吸収するデルガードシステム搭載で芯折れの心配がありません。スペーサー搭載で芯詰まりも無いので、毎日の勉強やテストなどの大事な場面でも安心して書くことに集中できます。金属グリップで適度な重さがあり、ぶれが少なく安定した書きごこちです。
文房具・オフィス・手芸 > 筆記用具 > シャープペンシル・替芯 > シャープペンシル









シャープペンシル デルガード タイプLx 0.5mm 限定色 ダークグリーン A-MA86-Z-DG ゼブラ 3本

オーム電機 電動歯ブラシ 単3形×2本使用+電池別 ホワイト 00-5836 HB-C6K-Wヤシノミ洗剤(YASHINOMI) プレミアムパワー 本体 200ml+詰替用 540ml×3個 サラヤ(SARAYA)【送料込】浪花昆布茶本舗 特撰 梅こぶ茶 業務用 500g袋 しそ葉入りランチ巾着 パウ・パトロール21/KB7_546280MEACHOW メカウ バーエンド リヤビューミラー アンダー ブルーミラーOLFA オルファ 133K 安全刃折処理器ポキWera(ヴェラ ウェラ ベラ)精密ナットドライバー【3.2mm】〔2069-3.2〕20693.2Magnavox HiFi ステレオヘッドホン マイク内蔵NARUTO-ナルト-ナルトRPG~受けつがれし火の意志~OXO シリコン菜箸 ( オクソー シリコーン菜箸 菜ばし 料理箸 )ノーマルえんぴつカバー5本セット はぴだんぶい 鉛筆キャップ サンリオ カミオジャパンみきかじや村 竹霞 薔薇小刀鞘入り TS016P&G 除菌ジョイコンパクト 本体 175ml久保寺軽金属工業所 アルミ ゼリー型 中 #18Mainiusi 数字バルーン 誕生日 飾り付け 番号 風船 パーティー飾り ローズゴールド バースデー 結婚式 記念日 プロポーズ お祝い新亀製作所 サンフラッグ キー付ドリルチャック 1.0〜10mm No.JB−10Love Soul Dream ワンショットサイドジュニア ネオ カモ倍!倍!ストア+10% キュラソースクエア 深鉢M サラダ デザート カップ(在庫品/欠品時約1ヶ月程度)エアー配管 エアチューブ 配管接続
セミナー 2021.12.27
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:2022年1月21日(金)13:30~15:30

テーマ:「令和3年銀行法等改正の概要と金融実務への影響

〜銀行、信用金庫・信用組合、保険会社を対象に〜」

主 催:株式会社金融財務研究会・株式会社経営調査研究会

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

法律コラム 2021.12.21
建物賃貸借における留意点についてコラムを掲載しました。
ニュース 2021.12.20
18-0 木柄くじり 大 7-0501-1601 8-0509-1701
ニュース 2021.12.20
Chambers & Partnersが発行するChambers Asia-Pacific 2022において、錦野裕宗弁護士がJapan – Insurance分野で高い評価を受けました。
セミナー 2021.12.16
2021年11月24日開催の中央総合法律事務所ウェブセミナーの動画を掲載しました
論文 2021.12.15
FinTech Journalに、小宮俊弁護士の解説『2021年施行「銀行法等改正」「資金交付制度」とは? 知っておくべき重要論点まとめ』が掲載されました。
セミナー 2021.12.14
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:12月21日(火)13:30~16:30

テーマ:「2021年銀行法等改正・資金交付制度の概要と 地域金融機関の実務への影響」

主 催:株式会社セミナーインフォ

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.27
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:2022年1月21日(金)13:30~15:30

テーマ:「令和3年銀行法等改正の概要と金融実務への影響

〜銀行、信用金庫・信用組合、保険会社を対象に〜」

主 催:株式会社金融財務研究会・株式会社経営調査研究会

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.16
2021年11月24日開催の中央総合法律事務所ウェブセミナーの動画を掲載しました
セミナー 2021.12.14
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:12月21日(火)13:30~16:30

テーマ:「2021年銀行法等改正・資金交付制度の概要と 地域金融機関の実務への影響」

主 催:株式会社セミナーインフォ

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.11
赤崎雄作弁護士、髙橋瑛輝弁護士、宮本庸弘弁護士の講演予定

開講日:12月15日(水)10:00

テーマ:「2022年6月施行 公益通報者保護法の改正法と損害保険適用のポイント」

主 催:マーシュジャパン株式会社/弁護士法人中央総合法律事務所

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

(マーシュジャパンのオンラインセミナー申込みフォームに移動します。)

セミナー 2021.11.02
國吉雅男弁護士の講演予定

開講日:11月26日(金)9:00~11:30

テーマ:「金融機関等に求められるマネロン・テロ資金供与対策の要点-FATF第4次対日相互審査報告書を踏まえ-」

主 催: 金融ファクシミリ新聞社

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.11.01
中央総合法律事務所Webセミナーの予定

2021年11月24日(水)17:00~18:00

テーマ:「内閣府令・監督指針等のパブコメ回答を踏まえた令和3年銀行法等改正の解説」

講師:本行克哉弁護士、小宮俊弁護士

受講料:無料

開催方法:Zoomを使用して開催します。事前登録制となります

こちらからご登録いただけます。ご登録後、セミナー参加に関する確認メールが届きます。

セミナー 2021.10.04
中央総合法律事務所Webセミナーの予定

2021年10月27日(水)17:30~18:30

テーマ:「内部通報担当者必聴!2021年(令和3年)10月13日公表『公益通報者保護法の指針の解説』についての速報解説会」

講師:赤崎雄作弁護士、大澤武史弁護士

受講料:無料

開催方法:Zoomを使用して開催します。事前登録制となります

こちらからご登録いただけます。ご登録後、セミナー参加に関する確認メールが届きます。

論文 2021.12.15
FinTech Journalに、小宮俊弁護士の解説『2021年施行「銀行法等改正」「資金交付制度」とは? 知っておくべき重要論点まとめ』が掲載されました。
論文 2021.11.25
金融法務事情 No.2174(2021年11月25日号)に、國吉雅男弁護士が執筆した論稿『銀行法業務範囲規制の存在意義とリスク管理の高度化』が掲載されました。
論文 2021.11.10
旬刊商事法務 №2277(2021年11月5日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿『取締役会の法務Ⅵ・完-取締役会決議の瑕疵、取締役会の議事録-』が掲載されました。本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第6回です。
論文 2021.11.04
旬刊商事法務 №2276(2021年10月25日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿 『取締役会の法務Ⅴ-決議事項と報告事項(2)-』が掲載されました。 本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第5回です。
論文 2021.11.04
旬刊商事法務 №2275(2021年10月5・15日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿 『取締役会の法務Ⅳ-決議事項と報告事項(1)-』が掲載されました。 本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第4回です。
論文 2021.11.01
米国の法律事務所にて客員弁護士として勤務中の本行弁護士の連載記事『最新 米国レポート 法務&金融情報発信局』が銀行法務21 No.877(2021年11月号)より掲載開始となりました(第1回「米国のロースクールと日本の法科大学院の違い」)
論文 2021.11.01
銀行法務21 No.877(2021年11月号)に、金澤浩志弁護士、髙橋瑛輝弁護士が執筆した論稿『FATF第4次対日相互審査の結果を踏まえて金融機関に求められるAML/CFT態勢の高度化』が掲載されました。